×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



高山病 リンク集

高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400m 以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐気、眠気(めまい)である。他に、手足のむくみ、睡眠障害、運動失調などが現れることもある。低酸素状態において数時間で発症し、一般には1日後〜数日後には自然消失する。しかし、重症の場合は高地脳浮腫や高地肺水腫を起こし、死に至ることもある。

メカニズム:吸入酸素分圧の低下による低酸素血症が原因。重症化すると脳浮腫や肺水腫を引き起こすこともある。 予防対策:血液中の酸素飽和度は、小型のパルスオキシメーターを使って比較的簡単に測定できる。これを使えば、酸素欠乏症に移行する前に予防策が立てられる、と期待されている。 治療:パルスオキシメーターで酸素不足が確認されたら、根本的な治療は低地への移動することである。重症の場合は、直ちに集中的治療が必要である。

高山病の予防法としては、登山の場合は登山ペースをゆるめる、激しい運動を回避することなどが挙げられる。また、チベット・アンデス等、高所の観光地の観光時など、飲料が豊富に手に入れられるような環境においては、カフェインを含まない飲料を多く(1日3.8リットル)飲むことが挙げられる。薬剤を使った予防法としてはアセタゾラミドの服用が挙げられるが、日本において手に入れるためは処方箋が必要であり、健康保険の対象とはならない

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 高山病 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4